« 震度5弱にビックリ! | トップページ | なぜブログから遠のいたのか »

2014年3月28日 (金)

ルールとモラル

先日、上の息子が卒業しましたhappy01
って言っても、また4月には入学しますが、担任の先生とは一旦お別れとなるので、卒業生には最後のホームルームで、保護者には文章でご挨拶を頂きました。

その中で「ルールとモラル」の文章が、まさに今の世の中にピッタリ!だったので、ご紹介しますねhappy01

ルールが「規則として定められ、罰則を伴う」目に見えやすいものに対して、モラルは「何をして良いか、何をしてはいけないか」を自分で判断するための力だと前置きがありました。

息子達のクラスで起こった出来事や今話題のSTAP細胞を引き合いに出され、ルールの網をすり抜けるアウトサイダーではなく、モラルをもって堂々と道の真ん中を歩む社会人になって欲しいと書かれていました。

法に触れないから・・・注意されないから・・・知らなかった、わざとじゃない・・・謝るより先に言い訳する人は、やってる時には悪いとは思ってないんですよ。
でも傍から見れは、「信じられない!」って思うような行動なんですけどね。

今放送してる男子フィギュアスケートのSPでの「ユズ~愛してる」の声援もドン引きshockゴルフの時のお静かに~もそうでしょうが、選手が集中してる時の声援は「モラル」も「マナー」もまるで無視ですよね。

自分が嫌なことは人にもしない。
ちょっと立場を変えて考えれば、もっとモラルは向上すること間違いありません。やられたらやり返す倍返しも時には必要かも知れませんが、あいつもやったんだからと同じことをやっていては、自分も嫌な奴の仲間入りです。

人のふり見て我がふり直せ・・・
人の良いところ、悪いところを見て、自分の行動を反省し改めるの言葉のように、自分で判断する力「モラル」を高めて生きたいものです

« 震度5弱にビックリ! | トップページ | なぜブログから遠のいたのか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 震度5弱にビックリ! | トップページ | なぜブログから遠のいたのか »

葵のHP

無料ブログはココログ