« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月19日 (木)

社員旅行は京都

先日の台風は日本縦断で各地で大変な被害が出ましたねthink

葵の住む山口県は直接の被害はありませんでしたが、前日から台風が向かってきてるんじゃないかと思うくらい風が強くて、朝起きたら庭木が折れてましたsad

TVでは京都の桂川が氾濫して、渡月橋も流されるんじゃないかと思うほどの水量の映像が放送されていました。

実は葵達は来週、社員旅行で京都に行くんですよbullettrain
予定では1日目に嵐山のトロッコ列車に乗って保津川下りだったんですが、保津川下りは中止、トロッコ列車は運行出来るようになるけど保津川下りが出来ないんじゃトロッコ列車に乗るだけになるので予約はキャンセルになりました。

こう言ってはなんですが、葵は保津川下り・・・あまり乗り気ではありませんでした。

まず下るのに2時間かかるので、トイレの近い葵としては「途中で行きたくなったらどうしようcoldsweats02」と・・・
店のみんなからは、後ろ向いてるから用を足して(笑)とか、携帯用のトイレ持参とか言われてましたけど。

それと前に川下りで事故があったので、ちゃんと救命胴衣を着けて乗るのかなと。
写真で見る限りは救命胴衣無しだったから、万が一のことがあって死ぬわけにはいかないし←心配しすぎ?かも知れませんけどね。

て、ことで川下りが中止になって、葵としてはホッとしましたcoldsweats01

結果、2日間とも自由行動になってしまったので、今はお店のみんなとどこを回るか計画中です。
京料理も楽しみなので、またブログでもお話しますねclover

2013年9月12日 (木)

てんやわんやな2週間~引越し

今回は引越しのお話ですhappy01

介護施設に入所を決めたのはいいのですが、そうなると現在住んでいる市営アパートを引っ越さなければなりません。

高齢の母は以前から片付けもままならない状態だったので、葵も片付けを手伝うと何度も言ってきたのですが、意地っ張りな母は自分でできるsign01と言って、決して片付けさせてくれませんでした。

案の定、家の中は大変なことにwobbly

上の息子も夏休みだったので手伝ってくれましたが、2人じゃいつまでかかるか判らないくらい大変だったので、市内に住む従姉夫婦に応援を頼んで、お盆休みも無く、平日も従姉に合せて休みを取って、ひたすらゴミ捨てに明け暮れました。

アパートに引っ越して40数年・・・
古い洋服から通販で買ったのに使っていない商品etc・・・

大量のタオルや石鹸、洗剤・お鍋セット・食器・・・
写真や年賀状などなど、よくこれだけのものが部屋にあって床が抜けないよねって思うくらい大量sign03

その上、母の部屋は3階だったので、下に下ろすだけでも何往復したか判らないくらいです。

何十万も払えば、業者が処分してくれる世の中ですが、引越しなどの大量ゴミは市が100キロ2500円単位で収集してくれるので予約をして、自分達で分別して捨てられるものはリサイクルセンターに運び込み、大型家具を3階から下ろしてもらうことやリサイクルセンターで引き取ってもらえないゴミの処分は民間の業者にお願いしました。

まだ使えるタンス2竿は義父母が貰ってくれたので、サカイの引越しセンターに頼んで運搬してもらいました。

さて皆さん、市の収集・民間業者・引越し屋さんに支払った金額はいくらだと思いますか?

市の収集は家電リサイクル込みで、約30,000円moneybag
民間の業者は処分料込みで、31,500円moneybag
 (※作業時間1時間で4名分)
ガス屋さんの風呂釜撤去に、約7,000円moneybag
サカイの引越しセンターは、32,500円moneybagでした。

タンスの移動は別としても、処分するだけでも結構なお金がかかりますよね。うちはアパートだったけど、一戸建てだったりすると更に料金がかかると思います。
とにかく処分するに至るまでが大変ですthink

うちは市営のアパートだったので、壁の塗り替えはしなくていいけど、襖と畳の張替えをして、入居した状態に戻してから市へ引き渡すようになっていました。

襖と畳の張替えで約10万円moneybag
もちろん掃除は息子と従姉で頑張りました。
そして引越しのお礼の品を配るのに約10,000円moneybag

他にも業者さんへの飲み物代とか、作業する葵たちの飲み物やお弁当代、掃除の為の洗剤やゴミ袋などなど、細かい費用を入れたらプラス20,000円moneybagくらいかなぁ・・・
なるべく節約しましたが、20万程度はかかりましたね。

葵もお嫁に行くまで住んでいたので、引渡しにはちょっと寂しかったですweep
借り物とは言え、実家でしたからね。

でも独り暮らしでは、こちらから出て行かない限り、誰ともしゃべる事なく過ごす日も少なくありません。
それからすれば、毎日必ず誰かと話すことができる介護施設はボケ防止のためにも良かったと思います。

こんどは介護施設が実家です(笑)
病院も隣だし、街中なので最強の実家だなって思いますhappy01

2013年9月 3日 (火)

てんやわんやな2週間~介護施設入居準備

さて、今回は介護施設に入居するまでのお話ですclover

みなさんは介護保険ってちゃんと把握してますか?
葵と同じ年代の人は、支払いはしていても自分で使う人はごくわずかだろうから、ぼんやりとしか判らないと言うのが実際の所だろうと思います。

葵も介護は初心者danger
どうしよう・・・と思っていたら、実家の片付け中にタイミングよく地区の民生委員さんが敬老の日のお弁当どうしますか?と聞きに来られ、高齢の母をこれ以上一人暮らしさせるのは不安と話したところ、地域包括センターと言う相談所を紹介して下さいました。

葵は施設に入るにしろ、介護サービスを受けるにしろ、まずは市役所に相談するのだろうと思っていました。
でも地元では地域ごとに相談センターがあって、まずそこからスタートが1番の早道だそうです。

市内にはたくさんの介護施設があります。
日中だけ利用したり、短期宿泊できるところもあれば終の棲家として利用できる施設もあり、もちろん金額や受けるサービスも違うので、葵はセンター長の方のお勧めを教えてもらいました。

介護保険を使って入所するには、介護度や個人的な事情が緊急を要する方が優先になるようで、市内でも100人待ちだとか聞くことがあります。
でもこの100人待ち・・・と言うのは、1人の方が3ヶ所程度は同時に申込をされているので、実際には30人程度の待ちなのだとか。それでもいつ来るかは予測不能な事態ですよね。

空いていればすぐ入りたいsign01
と言う事になれば、やはり有料の老人ホームになります。

都会では入るのに2千万円、月々20万円とかTVで見たことありますか、葵が住んでる市では入るのに20万円前後、月々15万円前後が標準的な有料老人ホームです。(もちろん高い所もあります)

幸いにも実家の母は正社員で働いていたので、どうにか自分の年金と預貯金やりくりして、病院が併設されているホームへの入居ができることになりました。

元気な時なら、まだ大丈夫なんて意地を張るんでしょうが、今回は入院までしてるので、やはり自分でも無理な部分と意地を張ると余計でも周りに迷惑をかけると思ってくれたのか、すんなり入居は承諾してくれました。

歳を取って環境が変わるのは、やはり皆不安なものです。

葵の家は、同じ敷地内に義父母の家も建っているので、実家の母は何があっても同居はしたくないと言っていました。

それを妥協して同居をしても、日中は誰も居ないので、結局実家の母は独りで過ごす時間が多くなります。

それよりは施設に入ってデイサービスで楽しく過ごしたり、職員の方と話をしたりする方が、より人と接触する機会が増えるので刺激になっていいかなとも思います。

実家の母が病院に入院中に施設を決めて、片付けと平行して入所への手続きも始まり、葵はますます毎日がバタバタしていきましたhappy02

2013年9月 1日 (日)

てんやわんやな2週間~入院

9月になりましたが、以前ブログに書きました8月お盆前の暑い時期の2週間、葵は実家の母親のことでてんやわんやでした。

今回は発端となった実母の入院についてですclover

8月9日に夕食の宅配を頼んでいる業者さんから電話が掛かってきました。宅配には安否確認も含まれています。

「ここ数日、あまり食べられてないようですが」

葵も電話は2日おきにしていましたが、実際に家には行ってなかったので急いで夕方行ってみたところ、案の定具合が悪そうでした。

「大丈夫だから」

母親は迷惑掛けるのが嫌らしく、一緒に葵の家に行こうと言っても絶対に譲りません。
仕方なく、取り合えずその日は帰りました。

次の日、葵の上の息子と一緒に再び訪問。
家の中も荒れ放題で、息子と片付けをしましたが、余りの暑さにこっちが倒れそうで、孫である息子の口から、皆が心配するからお願いだから家に来てくれと言わせて、なんとか葵の家に連れ帰りました。

やっぱり実の娘より孫のお願い効果は絶大shine

エアコンをつけて、夕方まで様子を見ましたが、高齢なので休んだくらいで体調が回復するのは難しいと思い、救急当番の病院を調べてつれて行きました。

で、検査の結果、脱水症状が進んでいて、そのせいで食事も取れずに弱っていたので、回復するまで入院となりましたhospital

超~暑い時期だったので、入院は本当に有り難かったです。最初の3日くらいは点滴でしたが、その後は普通食も少しずつ食べれるようになり、1週間後には退院することができました。

1週間程度の入院ですが、着替えや必要な物を買ったり、TVのレンタル頼んだり・・・数ヶ月前に旦那様も入院したので、この短い間に病院ばっかり訪問してる気分です。

ニュースでは熱中症で亡くなる方もいらっしゃったので、宅配の業者の方には感謝・感謝です。
1食600円でしたが、600円以上の価値があるものでした。
離れて暮らされてるご家族にはお勧めのシステムです。

で、この入院している間に、やはり高齢な母をこれ以上独り暮らしをさせるのは危険だと思い、介護施設に入れる手続きを取りました。

これがまた大変coldsweats02
この介護施設入居については次回のブログで書きますね。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

葵のHP

無料ブログはココログ